Interview

加藤 俊直
Toshinao Kato

システム・プロセス・アシュアランス部
パートナー

コンサルティング会社に勤務後、2006年あらた監査法人入所。会計監査におけるシステムの内部統制、会社統合や全社改革プロジェクトの評価などのプロジェクト第三者評価、クラウドシステムの管理の国際標準化に伴う評価スキーム構築など、監査業務とアドバイザリー業務を担当。日本公認会計士協会IT委員会情報セキュリティ等対応専門委員長も務める。

技術革新が加速し続ける中で、
誰もが安心できるためのサービスを提供

私たちシステム・プロセス・アシュアランス部は、これまで監査業務の中で培ったリスク管理、業務プロセス、ITシステム、組織、データという五つの領域で、デジタル時代の監査をリードするために、アドバイザリー業務を監査業務と並行して実施しています。私自身の割合でいえば、監査業務よりもアドバイザリー業務のほうが多いですが、部門全体の売上割合としては現在ほぼ同じ程度です。これはPwCあらた、そして当部門の特徴的な部分であり、競合相手と差別化できている部分といえます。これまで、クライアントやクライアントのサービス利用者など、関係する全ての人に安心を与えるためのサービスを新しく開発・提供してきました。部門の成長は目まぐるしく、ここ数年連続で二ケタ以上、収益が拡大しています。アシュアランスは「保証」「証明」と訳す以外に、私としては広義の意味で「安心」という捉え方をしています。例えば数年前、サイバーやIoTはまだまだ世の中では注目されない分野でしたが、今や企業は当然のように対応を迫られています。新しい分野が出てくれば、誰もが安心して使えるものだと評価する必要があります。技術革新で世の中が進化すれば、私たちの業務範囲も自然と広がる。好循環といえるでしょう。

新しいルールをつくることで、
技術革新の恩恵を安心して享受できる世の中に

初めて世の中に登場したものを安心して利用するために評価を下していくことは、世の中に新しいものを浸透させるためのルールづくりにもなります。私がこの仕事の魅力だと感じているのは、まさにそこです。あらかじめ決められたルールに従って、業務を進めていくことが一般的な仕事ではありますが、ゼロからルールをつくる機会は誰もがかかわれることではありません。自分たちが考えて判断したルールが社会に認められるためには、自分たちだけが有利になるものではいけません。また、社会からコンセンサスを得るためには、時代より先を行き過ぎてもいけません。一歩先を行くのか、一歩半先を行くのか、冷静に見極める必要があるのです。何事も「いい塩梅(あんばい)」でなければ受け入れにくくなるものです。社会で受け入れられるルールをつくるのは非常に難しいことではありますが、完成してうまく運用されたときには、かかわった者にしか得られない満足感があります。私たちが一つの基準をつくることで、技術革新の恩恵を安心して享受できる社会づくりに貢献できたら素晴らしいと思っています。

視野を広げることで、
成長を願う人には最適な場となる

AIをはじめとするテクノロジーの進化が加速し、それを活用することで今よりも便利になる一方、新しい技術を使うことで新しいリスクも生じます。テクノロジーが進化する分だけリスクが生じ、リスクが完全になくなることはありません。つまり、リスク管理のプロである私たちにとっては、新たなリスクへの対応、既存リスクと社会の受容バランスとの調整に終わりはないということです。会計士の資格を取るために勉強をしているときは、会計監査のみにフォーカスしがちですが、会計士が会計監査以外のところで必要とされ、活躍できる場はたくさんあると思います。システムと聞くと遠い世界のことのようでもありますが、身近なところでいえばスマートフォンもシステムで動いていて、誰もが日常的に何かしらのシステムに触れている時代なのです。視野を広げるために一歩下がって見渡してみると、こんな魅力ある場があるのだと気づいてもらえるはずです。もちろん、PwCあらたは監査法人なので、軸に会計監査はありますが、その知識を十分生かしながら、進化の激しいIT分野で新しい経験を蓄積できます。アドバイザリーを実施していくことで得た知識と経験を、ITの知識が求められる監査業務へ還元できることも多いのです。将来的に人とは違う、差別化したものを手にしたいと願う人にとっては、急速的に成長できるチャンスが多くあります。そう志向する新しい仲間を迎えて、個人としてだけでなく組織としても成長を加速させていきたいと思っています。