Our People

国籍も、年齢も、
ハンデにならない
温かなサポートが、
成長を後押ししてくれる

職員紹介 Z.M
職員紹介 Z.M

私の所属部門はエネルギー企業や医療化学業界のクライアントを中心に、幅広い領域を担当しています。そのような中で、私はメインジョブとして主に国内企業の期末監査や四半期レビュー、内部統制に関するウォークスルーや評価などに携わっています。

他にも、PwCの海外法人からの指示に基づいて監査を行うリファードワークも手掛けています。この業務では、海外企業の日本子会社について、米国基準やIFRS(国際会計基準)に則って業務を行うため、ベースとなる考え方は同じでも、求められる専門知識は大きく異なってきます。

私は日本の大学・大学院で会計知識を学んできましたが、実務で求められる知識のレベルや幅は格段に広く、さらに海外基準の知識習得も欠かせません。そのため、入社後も学ぶことは多いですが、先輩方は皆さん親切で、どんなに忙しい時も私の質問に付き合ってくれます。スキルアップの方法についてアドバイスをいただくことも多く、少しずつ成長できている実感があります。

職員紹介 Z.M

学生時代から、将来は日本で会計監査のプロを目指したいと考えていました。その一方で、日本企業の中で外国籍の自分が本当に活躍できるのか、成長のチャンスが得られるのか、少なからず不安もありました。だからこそ、世界的ファームの一員であり、海外プロジェクトも数多く手掛けているPwCあらたを就職先に選びました。そして、その選択は間違っていなかったと思っています。

実際、職場ではアジア圏はもちろん、米国・欧州など世界各国のメンバーがさまざまなポジションで活躍しており、自由な風土があふれています。私自身も初めてのプロジェクト配属で、クライアントの担当者へのヒアリング業務をはじめさまざまな業務を任せていただき、いい意味で日本人の同期と変わらない扱いをしていただけたことに驚き、大きな喜びを感じました。

また若手も数多く活躍しており、年次に関係なくプロジェクトリーダーを担っているケースもあります。そうした姿を目の当たりにすると「どんな成長も自分の意志次第なのだ」と気持ちも高まります。

職員紹介 Z.M

今の目標は、まず監査人として一人前になることです。そのためには理論的知識も、経験も、クライアントとのコミュニケーションスキルも、磨かなければいけません。そのため、「三人行えば必ず我が師有り」という論語の言葉のとおり、常に周りの先輩たちや同期たちの良い点を発見し、見習うよう心掛けています。

また、将来は米国公認会計士の資格や中国語・日本語・英語の三カ国語の語学力を生かして、今以上にリファードワークで活躍し、リーダー業務を任されるような存在を目指したいとも考えています。実はそうした将来像などについて、私たちアソシエイトやシニアアソシエイトクラスのメンバーは、マネージャーなどから自分が目指すキャリアを歩んでいる方を「キャリアコーチ」として指名し、継続して相談することができます。

キャリアコーチの中にはワーキングマザーの方もいれば、海外駐在の経験者もいて、自分の求めるアドバイスをいただけるのは、本当に心強いです。こうした日本企業らしい温かさと、グローバル感とがバランスよくミックスされている文化の中で、キャリアを磨いていきたいと思います。