Our People

“Speak Up”の
文化が根付いた
環境の働きやすさ

職員紹介 T.M

名古屋の製造・流通・サービス部にて、主に自動車メーカーグループの会計監査およびIFRS導入のアドバイザリーを担当しています。近年、厳格監査を求める社会的な期待が高まっていますが、一方で、監査人には、経営に有用なアドバイスを求めるクライアントからの期待にも応えていくことが求められています。それぞれの期待を踏まえて監査人としていかに問題解決するか、いかに付加価値を提供できるか、難しい仕事だと感じます。そのために、常に自身の知見を広げ、引き出しを増やして、幅広い観点から解決策を考えられるように意識しています。幸いにもPwCあらたには尊敬する上司や先輩が多く、貴重なアドバイスをもらえることも少なくありません。
また、法令遵守やリスク管理に対する意識の高い大手企業の経営層の方々と直接仕事をさせていただくことで、監査を担当する人間としてさまざまなことを学ばせていただく機会にも恵まれるなど、日々、成長機会の絶えない環境で働けていると感じます。

私が初めてIFRS導入アドバイザリーに携ったのは2011年になります。今でこそIFRS導入の事例も増え、ノウハウやツールも充実してきましたが、当時の日本では、まだIFRS周辺のさまざまな業務が標準化されておらず、基準や解釈も常に変化していました。そうした状況であっても導入プロジェクトの日程は決められているので、厳しいスケジュールの中で成果を出す必要がありました。上司の手法を学び、アドバイスをもらいながら仕事を進めたことはもちろんですが、自分自身でも休日に書店などを巡ってIFRSやロジカルシンキング、プロジェクトマネジメントに関する書物から積極的に情報を取り入れることを心掛けました。
その結果、IFRSに関するテクニカルな知識だけでなく、確かな情報と疑わしい情報を見分けて問題を解決に導く能力、仕事を細分化して担当や期限を明確にすることで時間内に成果を出す能力を高めることができました。これらのスキルはIFRS導入アドバイザリーに留まらず、会計監査を含むあらゆる仕事を進める上での基盤となっています。

私は事業会社の経理部門を経てPwCあらたに入社しました。PwCあらたに根付いているSpeak upの文化は私にとって新鮮なものでした。年齢や年次に関係なく、正しいと感じたことを発言でき、派閥や学閥もなくフラットな人間関係や、多様なキャリアの人を受け入れる組織の寛容さにとても居心地の良さを感じます。
また、日本にいながらにしてグローバルな環境で働けることも、PwCあらたの特徴のひとつです。特に私が働いている名古屋事務所のクライアントはグローバルに事業を展開している企業が多いため、海外のPwCグループへの赴任から戻ってきたメンバーが多数在籍しており、海外の価値観や文化を身近に感じながら働きたい方にとっても魅力的な環境が整っていると思います。