Our People

大阪×「One PwC」
次世代に向けた
組織のつくり方

職員紹介 R.S
職員紹介 R.S

私は入社からこれまでに、東京、大阪、アメリカで勤務しています。また監査に加え、アドバイザリーとの兼任や、人材採用に携わるなど、勤務地・業務内容とも幅広い経験を積んできました。そして現在は、大阪事務所で監査部門に所属し、監査とアドバイザリーを兼務しつつ、チームマネジャーとしてメンバー育成も行っています。
監査は国内上場企業を中心に、クライアントやチームメンバーとディスカッションしながら進めています。アドバイザリーでは主に会計関連、特にIFRSの導入に向けたアドバイスを担当しています。両方の業務に携わって気付いたことなのですが、監査もアドバイザリーも根底は同じだな、と。クライアントのニーズを深く理解し、全PwCグループのネットワーク、および知見をフル活用して課題解決へと導いていく。プロセスは違えども、求められるマインドセットは非常に近しいものを感じます。監査でもアドバイザリーでも、クライアントと向き合って価値発揮していくという姿勢を大切にできるよう、メンバー育成の際も特に意識して指導を行っています。

職員紹介 R.S

PwCグループの在り方を表す言葉として、私が気に入っているのが「One PwC」。PwCには監査法人以外にもコンサルティングや税理士法人などさまざまな組織がありますが、組織や部門、国、地域を問わず、一丸となってクラアイントの問題解決に尽くそう、という意味です。考え方としては特に新しいものではなく、こうした姿勢を目指す組織も珍しくありませんが、実際に行うとなると簡単ではないでしょう。その点でPwCは、DNAレベルで全員がこのマインドを持っているからこそ、それを実践できていると感じます。X-LoS(クロス・ロス)という部門間を横断し協業する取り組みが日常的に行われ、困った時に助けを求めるとみんな本当に親身にサポートしてくれるのです。
特に、私が今いる大阪事務所では、PwCの監査法人だけではなく別組織のメンバーも同じフロアで働いています。まさに「One PwC」を体現しているオフィスです。部署の壁なく気軽に相談し合い、興味が湧く仕事があればポジションを超えて挑戦してみる…現在まだ組織の規模がコンパクトだからこそできることではありますが、ここまで風通しの良い環境はなかなかないのではないでしょうか。

職員紹介 R.S

PwCあらたのカルチャーとしてよく「多様性を大切にしている」というところが挙げられますが、それは個人のキャリアにおいても同じことが言えると思います。私の所属する大阪事務所でも、本人の希望で他部門や海外への異動が活発に行われますが、送り出す側は必ず、精いっぱい背中を押してあげるように心がけています。一人一人が本当に興味のある分野や得意分野を開拓していくこと、その成長は必ず組織の力にもなっていくと考えるからです。短期的な事情に縛られることなく、長期的にもっと価値のあることにフォーカスしていこう、という組織の姿勢は非常に好ましく、これも私自身ストレスなくマネジメントに尽力できている理由の一つかもしれません。
とはいえ、まだまだ発展途上。変化が速く世の中のニーズが多様化している時代において、今後さらに多様なバックグラウンド、キャリア、価値観を持つメンバーが増えていくことでしょう。だからこそ、誰もが声をあげやすい雰囲気はそのままに、より個人がプロとして育っていける教育や研修について、私も真剣に向き合っていかねばと考えています。